絶望の淵に触れる

オタクの異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて橋本奈々未を愛するようになったか

雨だから

昨日の関東地方は8月の台風並みの風と梅雨らしい雨が降っていた。

 

僕は雨が好きだ。

 

雨の日は特別な気持ちを低気圧から運んできてくれる。

それは、匂いやセンチメンタルな感情と共に

「非日常感」を奏でてくれる。

 

昨日ラジオを聞いていたら「雨だから」ってすれば、

なんでも出来るような気がするとアナウンサーが言っていた。

 

「雨だから、ご褒美にケーキを食べる」

「雨だから、どこにも寄らず帰る」

「雨だから、1日どこにも出かけない」

「雨だから、部屋を片付ける」

「雨だから、世界が平和になる」

「雨だから、トランプ大統領も空爆をする」

「雨だから、資本論を読む」

「雨だから、言葉の限界に絶望する」

「雨だから、金星の友達に会いにいく」

「雨だから、気になるあの子にLINEする」

「雨だから、東京タワーに階段で登る」

「雨だから、前髪を切る」

「雨だから、形而上学的な橋本奈々未を創造する」

etc...

雨の日は自分をいつも以上に非現実な世界へ

連れてってくれる気がした。

 

高校の時に片追いして女の子と帰り道相合傘をしたように。